logo-transparent_edited_edited.png

トップメッセージ

中国の大手繊維総合商社<中紡>の日本支社として設立


前身の中国の大手繊維総合商社<中紡>の日本支社として設立して以来、アパレルのOEM生産での日本国内卸事業をメインに成長してきました。そしてEC事業をはじめ、インテリア寝具、生活雑貨を中心するショップを楽天、YAHOO、AMAZONなどに出店し、一般消費者向けの販売も拡大してきました。


長年の取引により、国内外で強固なネットワークを構築


日本の繊維市場が長引く低迷で事業環境が厳しくなる一方、EC事業の台頭でビジネスモデルの転換期に来ています。長年の取引により構築した海外の高品質で安定した供給ネットワークの強みを活かして、アパレルOEM・ODM生産による企画開発、インテリア・寝具&生活雑貨など自社オリジナル商材の強化。そしてホームセンター、保育園、介護施設など法人向けにサービス展開してきました。


日本の製品を幅広く世界へ


中国の経済発展及び日本のマ-ケット変化など双方の経済情勢により日中間経済活動は需要と供給が相互補完しつつ繋がっており、もっと緊密に進化していく段階に入ります。中国市場向けに私たちは長年に渡る中国の大手貿易商社とEC通信販売プラットフォームへの日本商品輸出実績をベースに、今後OEM・ODMを含め、さらに取り扱い製品やサービスを充実し積極的に輸出事業を拡大していきます。



新型コロナウイルス後に向けての我々の使命


今後も経済情勢を鑑みながら、特に新型コロナウイルスによる新しい生活様式や消費行動に対応できる体制構築に一層注力しながら、アパレルだけでなく、インテリア生活雑貨、アウトドア用品、健康グッズ、輸入食品など、多彩なラインナップで、またD2C、O2Oなど多様の販売方法を充実し、EC事業の体制強化を実施。消費者に新しいライフスタイル提案を強化し、より一層お客様に寄り添う事業展開を進めて行きます。


より一層の事業の柔軟性と事業スピードの向上を目的に


企業価値を持続的に発展させていく上で、新しい株主のもと、日本のライフスタイルに寄り添った事業運営を行うことが最善であるとの結論に至り、現経営体制によるマネジメント・バイアウトを実施し、新しい組織体制で会社成長と企業価値の向上に取り組みます。


中大ビスタ株式会社の社会的使命


私たちは日本と中国とのものづくりと商品販売を通じて両国の架け橋になることを社会的使命として最前線で経済活動をしてきました。その伝統を継承し更に高いポテンシャルを持ち上げ、国を超え人々に響き、高く信頼される商品とサービスの提供に努めるともに、経営理念である、「理想の商品、豊なライフスタイル、共に喜びを感じよ」をお客様と共に分かち合えるよう日々を邁進します。

​沿革

1979年

チャイナテックス日本駐在事務所を大阪市西区に設立

1987年

日本法人 中大株式会社を設立
原料部・アパレル部の2部門で事業展開

1999年

アパレル部が分社され中大アパレル株式会社となる(資本金3,000万円)

2002年

資本金7,200万円に増資し、株式会社エターナル中紡に社名変更

2009年

事務所を大阪市中央区へ移転

2013年

EC事業開始

2014年

輸出事業開始

2015年

代表取締役交代

2016年

中粮集団傘下へ

2017年

東京事務所開設

2021年

より一層の事業の柔軟性と事業スピードの向上を目的に、経営陣によるMBOと合わせ、社名を中大ビスタ株式会社に変更

​​会社概要

商 号

中大ビスタ株式会社

住 所

大阪市中央区久太郎町3丁目6番8号御堂筋ダイワビル4F

TEL

06-4704-0560

FAX

06-4704-0566

代表者

代表取締役社長 潘 向明

資本金

7,200万円